撮影テクニック

光源を探す旅に出る 室内編(2/2)

さて今回の記事で私の稚拙な撮影講座も一旦終了...のハズでしたが、
何だか長くなってしまったので1回分だけ延長させて下さいw
※追記(2017/3/10)諸般の事情で追加記事は後日改めてという事になりました


前回は室内撮影での注意点でしたが、今回はコツについて少しお話させて
頂きます。今回のお話はハニスタというより、ほとんどが一般的な写真撮影
のコツに関する話になりますが、ちゃんとハニスタで撮る場合のコツなども
散りばめてお話致します。


・昼夜と窓の有無で変わる室内光源

室内と言っても大概の部屋には採光の為に窓が設けられています。
窓から差し込む陽光が部屋を照らすシーンなどは、ただそれだけでも大変
美しい場面なので、もはや室内写真シーンのモチーフの定番になっています。

e0370811_01375628.jpg

ゲージツだし大丈夫よね
再び顔なしショットのアリサ嬢ですが、こういうSSならMMR社長も
きっと許してくれるに違いない(確信
4K肌なら恐らくもう少し綺麗に撮ってあげられるのに社長ゴメンねー
ウチのPCしょぼくて多分4Kは無理なの
「今後4Kを導入していないカメラマンにウチのアリサは出せません」
とか、そういう事務所の方針になったらどうしよう?

このように窓のある部屋では陽の光や月光を活かして撮るのが定番です。
またサンシャフトを使う場合、シチュにも拠りますがブルームもほぼセットで
使うと考えて置いた方が良いでしょうね。
と言っても、何もこのSSのように窓辺の写真に必ずサンシャフトを使う必要も
ありません。例えば敢えてキャラを窓際に立たせて逆光から撮るだけでも
かなり綺麗に撮れます。但しその際はモデルの顔が暗くなり過ぎないように、
カウンターのライトを緩く当ててあげて下さい。詳しくその手法を知りたい方は
「逆光 ポートレイト」などのキーワードでググって下されば、たくさん詳しい
撮り方の解説が見つかるでしょう。

また窓が絵でないMAPなら、背景画像を組み合わせる事でさらに画面に広がりを
感じさせたり、情景を盛り上げる事が出来ます。

e0370811_04154516.jpg

これはsnooleyさんが作って下さった「CITY APARTMENT」のMAPです
背景画と組み合わせる事で、昼でも夜でも対応できるのが嬉しいですね
お部屋の様子を写す為、これもやや引きで撮ってます
まぁこんなに月が大きく見える事など実際にはあり得ないのですが、
かと言ってこの場面でリアルと同じ大きさの月を窓に出しても、いまいち
インパクトに欠けます
現実感と非現実感が混在する写真というのも、それはそれで面白いものです
...しかし月が暗すぎましたねw 今後の課題といたしましょう


一方、窓の無い部屋では当然ながら光源は人工の光のみになります。
窓の無い狭い部屋などでは、照明は天井に1つあるだけという事も多いですが、
現実のそういった場所では人物にくっきりした明暗が付きやすく、そこから
緊迫・失意・強い感情・孤独・集中・恐怖などの印象を見る者に与える効果が
あります。この1点光源のシチュは、結構良い雰囲気作りの道具になる場合も
多いので、皆さんも機会が有れば単一照明下のSS作りに挑戦してみるのも
良いかと思います。

また前回のお話の中で室内の影の取捨について書きましたが、単一照明の下では
人物や物に影が出来る方がより自然に見える為、普通の室内とは逆にセルフ
シャドウの作る濃い影の効果が有効に働く
場合が多いと思います。
尚ShortcutsHSの場合、追加照明だけ(メイン・サブは無理)には、このセルフ
シャドウで出来る影を濃くしたり薄くしたり出来る便利なスライダーが付いて
いますので、覚えておくと良いでしょう。
個人的には使えるライトの数が増えるのはもちろん嬉しいですが、この追加ライト
と同じダイレクトやスポットの切り替え、マーカーの表示や影の色を調節する機能
がメインとサブにも付いてくれるだけで、ハニスタのライティング・ポテンシャル
は相当強化されるのでは?と感じています。


・背景を効果的に切り取る重要性

キャラと一緒に写る背景は、見る者にその写真の状況や情景を説明する重要な
道具
となります。実際の写真にも、背景による状況の説明が必要な写真と、
そうでない写真があります。ポートレイトのボカし撮影などは、背景に然したる
説明が不要な写真の典型です。
写真初心者にありがちなミスとして、キャラのポージングやフレーミングに
夢中になる余り、背景がどう写っているかに迄、なかなか気が回らない点が
1つ挙げられようかと思います。

e0370811_07180160.jpg

上側の写真、どこにでもある壁と窓しか写っていないせいで、見ただけでは
白い服を着た少女の写真という情報しか見る者に伝わらない状態です。
もしもこれがポートレイトであるならばそれで問題ありませんが、
それならばもっとキャラに近寄って、縦に被写体を写せば良い訳です。
つまりこの上側の写真のキャラ左右両側の空間には、ほぼ写真背景としての
意味が無い
という事になります。

下側の写真。同じ場所からカメラを引いて、背景に跳び箱やマット、さらに
ブルマ姿まで写す事で、ここが体育倉庫らしき場所だとハッキリ見る者に
分かるようになりました。上側の写真で皆さんが感じたであろう「この娘は
ここで何をしているのだろう?というか、そもそもここはどこなんだろう?」
という疑問は、こうしてキチンと背景を写す事でいっぺんに解消される訳です。
写真を撮っている側は、自分がどこで撮影しているかが分かっているが故に、
往々にして状況・情景の説明の為の背景の切り取りを忘れがちになる
のですね。
敢えて屋外ではなく屋内の記事で背景の話題に触れたのは、屋内はドアや壁、
或いは窓など、どこにでも有るありふれた設備が多い為に、写真を観る側が
一見してそこがどこなのかを判別出来る情報性に乏しい物が、屋外よりも
ずっと多いからです。つまり屋内は屋外よりも背景の切り取り方に気を付ける
のがコツという事です。

e0370811_08564149.jpg

画面隅に少しだけ写っているプールでこの娘の水着姿の意味を補完しています
全体でなくとも何か一部を写すだけでも状況説明の背景となり得ます
...出来た!と思ってお礼貼りしたら、Wetskinを入れるのをコロッと忘れていたというw
見返せば必ず何か忘れていたり改善点が見つかるのもハニスタSSのお約束です


これは人物を大きく撮ろうとしてキャラにカメラが寄り過ぎてしまったせいで
背景がほとんど写らず、結果としてその背景の持つ情報性が失われる事も
同じです。また逆に、状況や情景を説明する為に背景を写そうとし過ぎて、
肝心の被写体であるキャラがとても小さくしか写せなくなるような場合も
同じようにあると思います。
つまり影が必要によって取捨して良い物ならば、背景も同じように撮影者が
取捨し、必要無いなら省き、必要ならそれを効果的に画面に取り込めるような
アングルを探す
よう心掛ける事が、結果的に良い写真に繋がるという訳です。

e0370811_07540474.jpg

こちらの写真も、向かって左側は見る側が「恐らくオフィス、恐らくOLさん」
程度の情報しか推測出来ませんが、右側のようにデスクなどを写すと、よりハッキリと
ここがオフィスルームだと伝える事が出来ます
えっ?どっちの写真もお尻にしか目が行かない?
それはそれで正しいような間違っているような...w

と、ここまで読んで来られた初心者の方は、背景の切り取りなんてとても難しい
と感じるかも知れません。ですがハニセレでは特に、初心者のうちは背景の事など
は気にせず、まず人物に集中して撮影して構わない
と思います。
何故なら実際の撮影と違い、ハニセレならデータさえ残しておけば、いつでも
「撮り直し」が出来るからです。
何もかもをいっぺんに上手くやろうとしてヤキモキするより、1つ1つ経験を積んで
少しづつ上手になって行く方が楽だし、何より楽しいですから。
そして、ある日自分の以前の写真を見返した時、「今ならもっと上手く撮れる!」
そう思えたならば、その時はデータを読み込んで撮り直して見れば良いのです。


今日はここまでです。
それでは皆さん、良いハニセレライフを。

[PR]
トラックバックURL : http://ratio27.exblog.jp/tb/25536042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by MMR at 2017-03-07 13:30 x
窓からの柔らかい光…これはいいですね!(*≧∀≦)ノ
全然、おっぱい見えても4Kじゃなくっても問題ないです!しかし綺麗な…

> 写真を撮っている側は、自分がどこで撮影しているかが分かっているが故に、往々にして状況・情景の説明の為の背景の切り取りを忘れがちになる

すごくためになります…
なぜ自分が斜め撮ってしまうのか?の理由の一つが、水平に撮った場合の人物の左右のスペースの魅せ方が難しい、というのがあるのかもしれないなと思いました。背景の情報がシチュエーションを補完するわけですね
Commented by moriguchi01 at 2017-03-08 01:00
>MMRさん、いらっしゃいませ!
まぁ斜め撮りに関しては余り気になさらずに。斜めと真っすぐを必要に応じて
使い分けれるようになれれば写真の幅が広がるかもですよ?というお話ですから。

>背景の情報がシチュエーションを補完する
仰る通りです。それにモデルの衣服や表情でさえも立派な補完材料です。写真って、
そういう色んな物が複雑に作用しあって1つのシーンが出来上がってるんだなぁ
という感じで頭の片隅に置いて頂ければ、いつかその時が来ればきっと芽が出ると
思いますけど、それは別に今すぐでなくても良い事なので。
名前
URL
削除用パスワード
by moriguchi01 | 2017-03-07 11:16 | 撮影テクニック | Trackback | Comments(2)

SS撮影で思った事や気付いた事。看板娘(仮)の凛です。最近やっと名前が決まりました。 ※リンクフリー


by Ratio2.7