2.7次元美人?何だそりゃ

ハニセレ(というかハニスタ)の素敵な所は、作者の匙加減一つで、限りなく
2次元的、つまりアニメチックな美女も作れれば、逆に「3次元(現実)にも
絶対こういう人居るよね?」っていうリアル系女性も作れる撮れるって所。

ご挨拶で申し上げた通り、このブログの目標はハニスタによる私的2.7次元美人
の完成です。2.7次元美人なんて大層な命名をしてしまいましたが、要するに
現実に居そうで居ない美人(それもあくまで自分基準での2.7次元住人)を
作り出したいってだけのしょうもない話ですw

「何?要するに美人コスプレイヤーみたいなのを作りたいの?」と言われれば
確かにそれに近いですし、今一生懸命習作を重ねているキャラも、ほぼアニメの
キャラが主軸という状態です。ですが、最終的にはそこからも離れたいなとは
思っています。この辺、今の自分の考えを上手く文章化出来ずもどかしいですが。

これにはまず素材となるキャラの作成レベル向上、そして撮影技術の向上の2つが
不可欠です。いいキャラが出来ても撮影技術が稚拙なままでは台無しですし、
その逆もまた然り。また一口に撮影と言っても、そこにはライティングやら舞台設定
やら情景演出など、実に様々な要素が絡んできます。
繰り返しになりますが、全然大した事を言ってる訳でもやろうとしてる訳でもない
のです。キャラ作りと撮影。それらの工程を全部をひっくるめ、最終的に撮った
1枚のSSが自分的に「これは2.7次元美人だ!」と思えたら良し!ってだけの話です。


まぁ御託を並べていても仕方ありません。まずは最初の作成キャラのこの娘から。
正直に申し上げると余りに稚拙な作品で、お目汚しにしかならないのですが、
それでも敢えて貼ります。

e0370811_12214999.jpg

ハイ、にくみちゃん(のコスプレをする女の子←ココ重要!)です。
にくみは知ってるけど見ても分からん?そうですね。そう思いますw
これでも完成した時は「凄ェ!」と自画自賛したものです(遠い眼)
翌日家に帰って改めて見てみたら「何だこれ、誰?」と自分で思いましたとさ。

似てる似てないは別としても、安物の人形みたいにのっぺりした顔のつくり。
無造作なライティングの影響もありますが、油紙が必要なほどにテカる顔。
カツラにしか見えない髪。そしてそれらを意識もせずそのまーんま写した撮影。
まぁ価値観は人それぞれ、これが他人様が作り撮った作品ならば自分にはそれを
どうこう言う権利も資格もありませんが、少なくとも自分的には「これは違う!」
と思いました。

と言う訳で、この後にくみのコス(ry は、以後2度に渡る大改修を行い現在も
なお継続中デス。いずれ改良強化新型グフ じゃない、にくみもご披露します。
以降、この写真を最低基準の『2.5次元娘』として、それぞれのキャラ写真に
自己評価を付けて行こうかなと思っております。

[PR]
トラックバックURL : https://ratio27.exblog.jp/tb/25249767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by moriguchi01 | 2017-01-28 13:07 | 2.7次元美人作成計画 | Trackback | Comments(0)