マグロナルド幡ヶ谷駅前店 店員

今晩は。
今日pH板で光栄にもお声掛けして頂いたLIGHTNINGさんも
「ちはやふる」がお好きと伺い嬉しくなったついでに、ふと
“奏ちゃんの3本しかないまつ毛は、ハニセレのアホ毛で再現出来るか?”
と言う、今思えば実にどうでも良い事が気に掛かり、実際に試して見事
玉砕したラティオでございます。

それはさて置き、今日は4人目のキャラ紹介です。
ラティオには珍しい巨乳キャラですね。別に大きいのが嫌いな訳では
ありません。オッパイに貴賎なしですよ。

e0370811_19151801.jpg

元ネタの作品「はたらく魔王さま!」ではちーちゃんの愛称で親しまれた
佐々木千穂さん(のコスプレをする少女)です。
最初期のバージョンでは、もっと眼が丸くアニメ寄りの顔立ちでしたが、
結局無理に似せようとして違和感有るより、雰囲気の方が大事ダヨネー
という事で、現在の顔立ちに落ち着いた次第。
これでも元キャラの居ないリアル系のモデルよりかなり眼が縦長なんですが。

私の場合、アニメキャラを元ネタにする際苦労するのは鼻が多いです。
劇画調の漫画やアニメ以外、鼻は大概簡素化されていますので、どんな鼻筋
が不自然でないか迷います。アニメに近づけようと、余りにも鼻の存在感を
消そうとしてしまうと、まるで幼児のような鼻になったりします。
「顔上部上下は年齢設定」の記事でも書きましたが、私の場合、ハニセレで
彼女が設定通りの高校生に見えるようにするには、どうしてもある程度の
鼻筋が必要になってしまうんですね。

...とまぁ、役に立たないキャラよもやま話はこれぐらいで。
彼女のSSは以前「取り敢えずの1枚」を撮ってあったのですが、つい最近
ファストフード店の背景壁紙を投下して下さった方が居られまして、これで
やっと彼女の設定に合う写真が撮れそうだという事で、先日新たにSSを
撮り直しました。
ところが、そこでこれまでに経験して来なかった初めての事態が。

e0370811_20144221.jpg

全てデフォのままキャラを放り込んだ素の状態
殆どの場合は背景写真からキャラが浮くのですが...


背景の色味とキャラの服装などが相まって、いつもとは逆にキャラが
背景に沈んでいます。

良く言えばライティングの色に悩む必要のない便利な背景なのですが、
悪く言えば主役であるキャラがとても目立ちにくい背景になっています。
写真を眺めていると、キャラ以外の色んな所にもつい眼が行ってしまい
ませんか?スナップ写真ならこれでOKですが、ポートレイトとしては
もう少し主役に眼が行くような撮り方を模索したい所でしょう。
これまで光源の話などで、如何に背景からキャラが浮かないライティング
をするかのお話をして来ましたが、今回は真逆。背景と同化し過ぎのキャラ
を、如何に画面から浮き上がらせるか
がカギになる写真となりそうです。

と、ここでそういう時の主要テクニックの1つ「ボケ」のお話を始めると、
結構長くなります。それは次回「撮影テクニック」のカテで詳しくお話する
として、今日は同じアングル、同じポーズで撮った2枚のSSをご覧下さい。

e0370811_20510435.jpg

↑壁紙を背景にしたSSに無理矢理ボケを使って何とか形にしたもの

e0370811_20541669.jpg

↑撮影前にキャラの肌設定を変え、ライティングのみで何とかキャラを
 浮き上がらせようとしたもの


上側の写真で使ったボケは、本来背景に写真をつかったSSに使うものでは
ありません。これがMAPの背景ならば全然OKなテクニックなのですが、
※追記(20172/19 そうでもなかったみたいです。詳しくはBokehの活用の記事を参照下さい)
背景写真にはそもそも奥行きがありません。要するにポスターの前で写真を
撮っているのと同じなので、ピンボケさせるにも限界があるのです。
裏技的に、背景に使う写真を予めピンボケに加工してから使うという手も
ありますが、普通の写真を普通に使う場合はこの程度が恐らく限界です。
それでも背景がややボヤけた分、先ほどのデフォ状態の写真よりはモデルに
眼が行きやすくなっていると思います。

一方、下側はボケを使わず工夫とライティングで何とかキャラを浮かせようと
したものです。これも、例えば服装の色を赤から青系の色に変えるなど、
キャラの沈み込みを抑える方法は色々と考えられるのですが、今回はキャラ
沈み込みの大きな原因の一つとして考えられる肌の色を、白く(明るく)する
方法と、キャラと背景の境目がハッキリするようなライティングを工夫する
方法の併用で挑んでみた感じのSSです。
こちらも同じように、画面全てにピントが合っている最初のデフォ写真よりは
多少なりともキャラが目立って背景に眼が行きにくくなっていると思います。
まぁどっちも後一歩二歩、何かが足りないです。頑張ってその足りない何かを
突き止めたいと思ったSSでした。


このSSの自己評価:
2.52次元
この髪型MODが無ければキャラすら作れなかった訳ですが、どうしても現実感
が少ない髪がブレーキです。
文句があるなら自分で作れ ←スイマセン、まだまだ無理です、ホントスイマセン)
顔の作りをもう少し現実よりにしたら、あと0.1次元ぐらい評価上がるかも
知れませんが、そうなるとキャラとの相似性が...。うーん。

[PR]
by moriguchi01 | 2017-02-14 21:50 | 2.7次元美人作成計画