千里の道も...梅田から

大阪に住む人しか分からない駄洒落がタイトルですが、意味は一緒です(え
今まであったカテゴリに分類しにくい話題を、今後この「近況、進捗、発見」
のカテで書かせて頂こうと思います。

私がブログを開設した頃の計画では、書き溜めたメモやら資料やらを一気に吐き出す
つもりで、自分が知っている僅かなスタジオ知識も出し惜しみせずドンドンと記事に
出して行こう。それが終わったら、自分の今勉強している事を書きながらまったり
更新に切り替えよう...そういう心づもりでした。ところが実際にやって見ると、
どうしても記事書きに取られる時間が徐々に増えてしまい、その分自分の知識や
技量を上げる時間を余り割けてない
...というのが実情です。
ここ最近は、pH板にもハイライトさんを始めとして、各モッダーさん方から興味
深いMODが惜しげも無く山のように投下される状態で、取り敢えずDLさせて頂いた
ものの、そのまま手付かずになっている物が山積みの状態。モッダーさん達には
常日頃お世話になっている手前、人柱でも何でもやります!という気持ちはあるの
ですが、今のところ全くお役に立てずに申し訳ないです。

そういう訳で今後は、本来はもう少し後で始める予定だったこのカテゴリも
交えながら、2~3日に1回くらいのペースでの更新にさせて頂きたく思います。
皆さまご了承の程宜しくお願い致します。

e0370811_13130763.jpg

ベタなシチュ、ベタな構図ですが、やっぱり銃を構えるシーンは良い!


近況、進捗、発見など

1.Skin Tex Mod でタトゥーを作って失敗した

巨匠フート軍曹殿に紹介頂いてから、ちょっと触っただけで放置していた、
キャラの肌面に色々と加工を施せるMODです。最初から付いてるアニメ調の
エフェクト。試して見ても「あれ、これ軍曹殿のと全然違う!」
そりゃそうか。誰でもボタン一つで簡単に綺麗なSS作れりゃ世話ないもんね。
そこはさて置き、ウチの所属モデルのバルメさん(のry は本来背中にカッコ良い
タトゥーがある人なんですが、自分で作れないものだからこれまでずっと
手を付けてなかったのです。という事でタトゥーを作ってみようとした所、
まずレイヤー機能のある画像加工ソフトが必要との事。私などはレイヤーと
聞くとコスプレか、さもなくばモデルさんの髪型を思い浮かべるのですが、
レイヤーって要するに昔のアニメのセル画と一緒の考えなんですね。

私が今迄ずっと画像加工に使って来た「JTrim」にはレイヤー機能は付いてません。
英語は勘弁なので日本語環境が整ったフリーソフトを色々物色して、今回はその中
から「GIMP2」を選択しました。
で、初めてのレイヤー機能と格闘する事数時間。やっとの事で完成し、喜び勇んで
Skin Tex Modを起動させてみたら

e0370811_13575817.jpg

左肩の部分、羽がちょん切れてます。どうも原作通りの位置にタトゥーを
配置しようとすると、背中にペタンと貼り付けるだけでは無理みたい。
となると、タトゥーの元絵を切って足りない部分を左肩に...?
でもそれじゃあ肩を動かすとタトゥーもずれてしまうのでは?
まぁいいや。今回は自分でタトゥーが貼れた事に満足しとこうw


2.モフモフを活かせるSSのシチュが思い浮かばない

先週辺りに、pH板に怒涛の勢いで発表されたモフモフ・ファッションや
アイテムMOD。ふわふわした感じの物は写真に撮ってもテカらないし、
優しい、可愛い印象の写真を撮りたい場合に便利なアイテムです。
そういう訳で個人的には大好きなんですが、いざこれを活かしてSSを撮ろうと
考えるとなかなかに難しい。どうも古い人間のせいで、こういうファッションだと
「はじめ人間ギャートルズ」とかのイメージぐらいしか湧かなくて。
という事でハイライト様。まだこれと言うSSは撮れてませんが頑張ります。
他の方々が作って下さったモフモフも、ラティオはほぼ全部頂いてまーすw

e0370811_15240619.jpg

pH板で他の方のSSを見ても、この衣装で踊ってました
これは単なる逆立ちで、踊りでもカポエイラでもないですが
豹柄モフモフは人を動かしたくなる衣装なのか
しかしこの見えそうで見えない胸の辺りが何とm...(以下100字分程略


3.Core2Devさんの「撮影ブース(白)」続報

上の逆立ち写真の岩肌っぽいのは、岩じゃなくて実は紙です。クシャクシャと
ランダムに折り目を作った紙のテクスチャを撮影ブース(白)に貼り付けて、
さらにShortcutsHSで岩っぽく見える色を付けただけです。今思えばブースの
カーブしてる部分はテクスチャが歪みますので、無理してこの部分を使う事も
無かったですね。
という事で、撮影ブースは本来背景にグラデーションを作る物ですが、こうして
テクスチャを貼るだけで、簡単に背景作りのアイテムに早変わりです。
今回のテクスチャは「フリーテクスチャ素材館」さまからDLしました。
無料、著作権表示の義務なし、そして加工もOKです。
DLしたjpg.ファイルを、そのまんまShortcutsHSの「Texture」フォルダ内に
放り込むだけですので、私のように専門知識に疎い人でも簡単に導入出来ます。


4.導入したGIMP2にも色々面白そうな機能が...

初めて導入したフリーソフトGIMP2。巷では無料ながら某フォ○ショップに
比肩する程の多機能性とユーザビリティーを持つとか。今の所多機能過ぎて、
私が全然全く使いこなせていないのはShortcutsHSと同じです。
でも、これガジェットって言ったら良いんでしょうか。自分が欲しいと思う
プラグインやスクリプトを自由に選んで導入出来るみたいです。
一番上に貼ったSSも、このGIMP2のスクリプトの1つ「幕末写真館」という
もので加工してみた物です。

e0370811_08374995.jpg

こっちは別の機能で雪を降らせてみたSSです
こういう使い古されたアングルには、加工でひと工夫というのも必要ですね


私が今回面白いなと思ったプラグインは「空生成」という物。
適当に空の色やら雲の色やらを設定してボタンを押すと、勝手に空写真を作って
くれます。恐らく雲などはランダム生成なので、時には気に入らない雲の形も
出来たりしますが、作る前に一応出来上がりをプレビューも出来ます。

e0370811_16411286.jpg

ささっと4種ほど空を作って見ましたが、こんな風に、ウェブでSSの背景に
使える空写真を探すよりずっと楽に、色んな空を自分で作れるのは便利ですね。

今日の記事はここまでです。
それでは皆さん、良いハニセレライフを。

[PR]
トラックバックURL : https://ratio27.exblog.jp/tb/25398054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by moriguchi01 | 2017-02-20 16:50 | 近況、進捗、発見 等 | Trackback | Comments(0)