F系(3)~(4) 撮影裏話

これまで私にとってSSは、その1枚1枚が独立して別々の物でしたが、
今回妙に興が乗って、薄っぺらいバックストーリーなぞも考えてみたりしつつ
(というか、撮りながら考えた妄想が8割)かなり長い時間を掛けて、でも
SS内での時間軸では“ほんの一瞬”の勝負を何とか撮り終えました。
その分、普段のSS撮影では経験しなかった試行錯誤や誤算、発見等もたくさん
ありましたので、今日は読者の皆さまにも今回のSS撮影に纏わる舞台裏のお話
(©LIGHTNINGさん?)にお付き合い頂こうかと思います。

e0370811_11254127.jpg

実はこれも前回前編のベストショット候補だったのですが、ご覧のようにエストック
の持ち方で事前に読者の方から突っ込みを頂くと、それが“ネタばれ”になりかねないので
勝負が終わるまで引っ込めておいた1枚です
よく見直して頂ければ、14日付の記事「フィルター」の「次回に続く」のSSも、
主人公の手元が写らないように撮影してあります



・髪型の選定にご注意を

※追記と訂正とお詫び(2017/6/21):
スタジオNEOでの検証の結果、主人公の髪を動かせなかったのはMODそのものが
原因では無い事が判明致しました。具体的には、旧スタで主人公とライバルが2人
同時に居る状態の時のみ、HSPEで主人公の髪が選択できなくなるという事でした。
主人公単独の場合にはちゃんと髪を動かせました。お詫びして訂正いたします。



主人公とライバルさんは二人ともポニーテイルの髪型をしていますけど、
これも実は私なりに色々考えて採用した髪型だったんです。切欠はもちろん大先輩
であり、また(勝手に)私のSSの師匠と拝する軍曹殿の1枚です。
まだご覧になった事の無い皆さんにも是非ご覧頂きたいのでリンクしちゃいますが、
3月末の軍曹殿の記事「Arms」の上から3枚目!
リアルならばシャッタースピード1000分の1で撮ったかのような一瞬の中で、
騎士の肩からふわりと浮き上がる髪の毛。このSS止まってるけど動いてるんです。
痺れましたねー。もちろんこれはプラグインで髪を動かしているんでしょうけど。

ところがです。こういう系統の髪型って、ポーズ取らせるとハニセレでは体を貫通
する事が多いんです。シーン撮影でポーズを取らせる度に貫通を修正するのは非常に
手間の掛かる作業です。何せその次のシーンとの繋がりがある訳ですから、修正する
にしても前のカットで右側だった髪の先が次のシーンでは左に...とかでは困る訳です。
で、思案した挙句、現状一番アクション向きの髪型はポニーテールだろうと。
つまり後ろのポニーテールを動かせば、ある程度は髪で体勢の動きを表現出来る
のではないかと思った訳です。

...なのに!
いざ撮影を始めてみると、ライバルちゃんはHSPEで髪を動かせたんですが、肝心の
主人公に採用した髪は動かせない事が判明。(´・ω・`)
それでも一応ライバルちゃんの髪は動かしてるんです。今見返すと、もう少し派手に
動かしても良かったかな?と思います。
皆さんもし髪の動きまで拘ったSSを撮影したいと思った時は、ちゃんと動かせる髪
かどうかを事前に良く確認
された方が良いですよ。



・色んな可能性があった決着シーン

対決の過程は複数の案がありました。最初は単純に二人に派手なチャンバラをさせる
つもりでしたが、日本刀もエストックも共にガチガチと刃をぶつけ合うタイプの剣
では無かったのです。←最初に調べとけって話ですねw
じゃあ派手なアクションというならトリッキーな動きはどうだろうか?と考えて
数枚撮ってみたのが下の写真。

まずA案

e0370811_12383654.jpg

こうやって剣を投げて相手の目線を切り、その隙を付く作戦。
でも、この後素手でどうすんの?って話です。いくらなんでも居合い相手に丸腰で
飛び込むのは無理があるだろうし、首を傾けて躱せる程度の間合いなら、剣の達人
であるライバルも目を閉じずに避けちゃうのでは?と考え直します。
ただここで、勝つためには少なくともライバルの体勢を崩す必要はありそうだな...
というのは考えました。

そしてB案

エストックを投げた隙に近くの柱で一回転して回し蹴り

e0370811_12224673.jpg
e0370811_12232447.jpg
この時はまだライバルは主人公の胴を狙う設定でした

こんな感じで、近くにある柱を利用した回転蹴りはどうだろうかと思い撮ってみた
んですけど、どうしても神速の居合いを前に柱で一回転させるのはタイミング的に
無理がありました。ライバルの方も飛んできたエストックを避ける為に一旦体勢を
崩されたしても、柱を廻ってる間に刀でもう一撃を準備する間が出来てしまいます。
何より主人公の剣の技が見れない為、その強さが伝わらないという理由で結局ボツ
になりました。
こんな風に色々案があって、最終的には剣の動きをトリッキーにした訳です。


・早く来い来いアンドゥ&リドゥ

この撮影の間、IK操作中に固定のチェックを外していても勝手に出て来る操作パネル
のせいで、うっかり削除ボタンを押して1回、データがパーになりました。
せめて削除ボタンを押した時だけは一旦確認ウインドゥが出て欲しいですわ、マジで。
苦労してポージングさせたキャラをうっかり削除してしまった時は、冗談抜きで
モニターの前で「ウガーッ!」って叫び声を上げ、その後1分位部屋でのたうち回り
ましたからねw

28日発売の追加ディスク「ハニセレ・パーティー」のスタジオには、万一間違った
操作をしても、一つ前の状態に戻せるアンドゥ&リドゥ機能が付きます。

パーティーを買えばハニスタユーザーも皆、誤操作を気にせず安心して撮影作業が
出来ますね!露骨なs(ry


・ライトをあの方向にした理由と止めた理由

今回は全ての対決シーンでライトを固定して撮影した事は前に申し上げました。
ShortcutsHSのライト設定保存機能を使えば、途中でライトを動かしても復元が
可能です。地味ですけど大変ありがたい機能です。
実際のライティングの方向は、色々動かしてみて壁面に影が映る角度にしました。
主人公のアーマーは黒系の為、暗い背景ではその部分のディテールが非常に見え辛く
なります。
普通の1枚もののSS撮影では、そこはライティングの方向を工夫して、黒い部分の
エッジに陰影を付けて、出来る限りディデールを出す訳です。
ですからこの対決シーンのSSの中で、1枚もののSSでは特に主人公の足のアーマー
部分に対して、そういうライティングしている事が確認できると思います。
ですがライティングを固定してしまうと、シーンに拠ってはこのディテールが出なく
なってしまいます。そこでやや明るめの背景にして黒いアーマーが背景と同化しない
ようにした上で、一方向からでは分かり辛いキャラの動きや体勢を、その影からも
見る人に補完して頂こうと考えたのです。我ながら悪くないアイデアと自画自賛...

...ですが!
実際に撮影してみると、

e0370811_13401581.jpg

なんじゃー?主人公の手の影が一本しか写ってない!!
写真を良く見て頂くと偶々一本に見えているとかではなく、完全に片方の
手が写っていない事が分かります。原因なんて私には良く分かりません。
まぁそういう事でこの案はボツになりましたw


・剣と鞘が1つになったのが欲しい!

今回使用させて頂いた武器、エストックと日本刀。エストックはGILさん、
日本刀は「三千世界0083」という方の作品。こちらはUU-GGで頂いた物
なので、他で手に入るかどうかは分かりません。
どちらも鞘がセットになっていて、戦闘以外のシーン撮影でも小道具として
重宝します。しかし、この鞘に剣をピッタリ収める作業が凄く大変なんです(泣
一旦収めてしまえば親子付け設定のお陰で楽なんですけど、微妙な角度の調整が、
あの独特の球形のスライダーでは難しいんですよね。たまに親子付け設定のONを
忘れてポージング中にズレたりすると、「あぁ~っ!」とがっくり来ます。
という事で、もしも武器モッダーさんがこちらをご覧下さっておられましたら、
是非とも次回は剣・鞘・剣&鞘一体型の3種類の制作をご検討下さい(切実
私の老眼が持ちそうにありませんw


・表現で諦めた連続写真

最後は動きの表現です。漫画的な効果音などは、まだその辺の技術も知識も殆ど
無いので入れませんでした。ただ、剣と刀がぶつかるシーンだけは、何もないと
それが伝わりにくいので、イトさんの作られたエフェクトを使用させて頂きました。

また今回の決着の要となった、主人公の剣の軌道と剣速が急に早まるシーン。
ココだけは未だにもっと何とかならなかったかと思っています。
こういう時、漫画や映画などではストップモーション的な重ね画像を良く使います。
今回、一応それもチャレンジしてみたんです

e0370811_20452143.jpg
こういう感じで4~5枚画像を重ねた感じの1枚を撮ってみたのですが...

こうやって1つ1つのモーションを1つの画像に重ねる試みをやってはみた
のですが、剣の軌道も剣速の変化も、当初自分が思っていた程には伝わらない
ように感じましたので、結局この試みも今回はお蔵入りとなりました。
多分、モーションの最初と最後以外のポーズを半透明ぐらいにしないと、
それっぽく見えてくれないのだと思います。


...と言う訳で、今回の撮影舞台裏話はここまでです。
今回の撮影で私が出来た事、出来なかった事の双方を含めて、それらの何かが
次の皆さんのSS撮影のヒントや手助けになれば幸いです。

それでは皆様、良いハニセレライフを。


[PR]
トラックバックURL : https://ratio27.exblog.jp/tb/25709095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by きにちみ at 2017-04-20 17:52 x
NEOからは髪の毛も動かせるようになるので動きの表現も自由自在。
動きそのものの表現は、やはり画像の直接加工でぼかす以外ないんじゃないでしょうかね~
格闘シーンは武器所持と素手では素手の方が作りやすかった感があります。


Commented by moriguchi01 at 2017-04-20 19:14
> きにちみさん
今晩は!
そうなんでしょうねぇ。コマ撮り画像も、原理としては各画像を
レイヤーにして重ねれば良いのでしょうが、どうしても面倒でw

魔王シリーズは、先にこちらを完成させてしまいましたw
昨日やっと5まで拝見しましたが、あれはロッキーです!
特に4辺りが。観ていて久しぶりにちょっと血が熱くなりましたw
Commented by 推力たまご at 2017-04-20 19:26 x
こんばんは!
クリエイターのコメンタリそのもの、と言った感覚で楽しく拝見させていただきました!^-^
ただですね、Ratioさんのみならず雨宮さんのRSSから辿れるブロガーさんのほとんどにいえる事なんですが、
製品名を隠さないのは露骨なステマではなく露骨なダイレクトマーケティングなのではw
Commented by moriguchi01 at 2017-04-21 07:27
> 推力たまごさん
あはは、そうですね、全然隠す気も無くてむしろ血走った目で
「ハニセレ買ってーっ!」という印象の方が強いかも知れません。
でも実際楽しいゲームですから。僅か1万円前後で、ここまで遊べる
ゲーム(なのか?)というのはなかなか無いですよ。
名前
URL
削除用パスワード
by moriguchi01 | 2017-04-19 20:59 | 近況、進捗、発見 等 | Trackback | Comments(4)