5月28日(7)[1/2] 本編

皆様、お早う御座います!
作者が無計画なせいで、なんかダラダラと続いてしまったF系物語シリーズも、
今回でいよいよ終了です。というか、F系は今後「○〇編」とか、
各シリーズ毎に名前を付けた方が良さそうです。今後自分の記事内で
F系の過去の話題を出す際、何か説明が面倒になりそうですので(苦笑)。

今回も例に拠って2分割です。まず本編、その後今回使った加工の解説と
続きます。それではまず本編続きをお楽しみ下さいませ。

─── ─ ───

東の竜人から錘の魔法具を譲り受けた女刺客は、銀髪エルフの予言通り現れた
「今日2つ目」の来客たちと今対峙していた ─。

e0370811_23534739.jpg
さぁて。
面倒臭ぇし、有無を言わさず全員まとめてブッ飛ばしてぇ気分だが、
そうもいかんか。


e0370811_23565122.jpg
今からここに来るのは、皆お前を消しに来る連中だ。信じられぬと言うなら、
何かしら方法を考えて、自ら確認してみるが良かろう。

万一面が割れては困るので、余程の事でもない限り我らは手を貸せぬが、
連中をどう料理するかは全てお前に任せるとしよう。が、ただ一つ。
必ず一人は逃がして帰せ。
そうすれば蒼月が密かに後を追い、今回の黒幕に繋がる糸を見つけ出す。
何ならそれが誰なのか、後で教えてやっても良い。


e0370811_00335098.jpg
(そうだな、一応確認だけはしておくか...)
おぉっ、何だ!?もしかしてお前ら助太刀に来てくれたのかよ?
だが悪いな、この通り無様に負けちまって、奴ももうここには居ねぇ!


e0370811_00445790.jpg
(...なるほど。アタシが負けたと聞いても奴を追おうとしねぇ。
しかも帰るそぶりも見せず、こうしてアタシに対する囲いを解かない...。
つまり、勝っても負けても、最初から口封じの段取りは出来てた訳か。)

やれやれ、甘い儲け話に飛びついた挙句に、こりゃ相当面倒な事に首を
突っ込んじまったようだ。見た所、金次第で平気で人を襲うゴロツキ共の
寄せ集め、例え捉えて傷め付けた所で、こいつらは何も知らねぇし興味も
ねぇか。...だがまぁ、そういう事ならアタシも遠慮は要らねぇな!


e0370811_02241026.jpg
...大丈夫なのでしょうか?

心配要らぬ。奴が強いか弱いは知らぬが、イザと言う時の為に赫陽を残しておく。
それより我はこれから銀髪を追い、奴がどこへ向かうかを見定める。
こちらは任せたぞ、蒼月。


ハッ。

e0370811_02272253.jpg
...心配するな。この一件が片付き次第、ひとまずは皆で郷里へ戻るとしよう。
どうせ親父から「あの放蕩娘を連れ帰るまで、ここに戻って来る事まかりならん」
とでも言われて来たのであろう?


...お察しの通りに御座います。

別にあのクソ親父の戯言を聞いてやる義理もないが、いつまでも我が帰らぬとあれば、
郷里でお前たち一族の体面に傷が付こう。何より、永きに渡り無心でこの我の為に
仕えてくれた、お主ら姉妹の面子を潰す事など出来はせぬ。...まぁどうせ、あの腹心
のタヌキ親父辺りが、そこを見越してわざわざお前を寄こさせたのであろうがな。


お心遣い痛み入ります、姫様。

─── ─ ───

e0370811_03041067.jpg
おーい、終わったぞー!
つか、まだ誰か居んのー?

あっ、居た。

e0370811_03360237.jpg
いやぁ~、お姉さんすっごく強いんだね!あっと言う間だったよ!!
私、何か感動しちゃった。

なに、別にそんな大した事じゃねぇさ。

e0370811_04103955.jpg
よっと。
あ、でも私が一番驚いたのは頭の良さかな?


えっ?

大人数相手でも囲まれないように常に考えて動きつつ、一番良いポジションから
攻撃しようとしてたでしょ?
もう何か、戦い慣れてるーって言うか、これぞプロ!って言うかさ...。


いや、まぁその辺は何つぅの?長年の経験?みたいな?アハハ...。

e0370811_05001514.jpg
おぉー、こうして見ると壮観だね。

あぁ、それにアタシが分かるだけでも2人、賞金首が混じってた。
2人合わせても恐らく酒代半月分ぐらいにしかならねぇザコ共だが、
今回儲けそこなった埋め合わせに、ソイツらの分は有り難く頂いておくとするさ。


ねっ、気に入ってくれた、そのハンマー?

あぁ、ザコはともかく、あのデカブツのオーガを一発で仕留められたのは、
間違いなくコイツのお陰だ。世辞でも大袈裟でもなく、コイツは今までアタシが
使ったハンマーの中でも最高の逸品だ!


e0370811_05203423.jpg
...しかしこれは後片付けが大変だ。さて、どう段取りしようか?

逃げた女魔導士は?
こいつらゴロツキ共はともかく、アイツなら何か知ってそうだったんで逃がしたが。


それは蒼月お姉ちゃんに任せておけば万事OKだよ。

e0370811_05362621.jpg
あっ、そう言えば、変なお爺さんが居たけど?

え?そうなの?

うん。事前に蒼月お姉ちゃんが見つけてたんだけど、姫様は「捨て置け」って。
一応蒼月お姉ちゃんからは、邪魔する様なら...って言われてたけど、お姉さんが
一度だけ後ろを取られて襲われそうになった時、緑のタコみたいなニュルニュル?
それを投げ付けて助けてたから、てっきり味方なのかと思ってた。違うの?


...ははぁん。そいつはまだ居るのか?

うん、後ろに。

おいっ、ジジイ!別に隠れてなくても良いんだぜ!
色々言いたい事はあるけどもよ、助けてくれたっつぅんなら、敵前逃亡した件
はギルドに黙っておいてやらぁ。それでこの先仕事を干される心配は無くなる
だろう?じゃあな、あばよ!


e0370811_05583040.jpg
何だ、まだ何かあんのかよ?賞金首の分け前ならやらねぇぞ?

そんなモンはどうでも良いんじゃ。そ、それっ、そのハンマーじゃ!
遠目で見ておったが、あの緑の御仁から授かったのじゃろう!?
あのお方も、さっきの銀髪の騎士と同じ竜人様なのか?


いや、まぁそうみたいだけど...。

そのハンマーは魔化重錘(まかじゅうすい)と言うてな、対となるもう1本
の錘と合わせても、この世に1本づつ、計2本しかない幻の魔道具に違いない!


...へぇ、そうか。アイツそんな凄い物をくれたんだな。気前良いじゃん。

e0370811_06151616.jpg
ワシも欲しいぞっ!

いや、今自分でこの世に1本しかねぇって...

違う!錘ではなく杖がじゃ!ワシも竜人様から凄い杖を授かりたいのじゃ!

無理だろ?

何故じゃ!?

いや、何故じゃって。お前何にもしてねぇじゃんかよ?

アハハッ、何、このお爺さん面白い!
...う~ん、そうだねぇ。約束は出来ないけど、姫様の為に一生懸命働いたら、
もしかすると ─


ほ、本当かっ!!

e0370811_06474434.jpg
じゃあ急いで街に帰って、自警団に「街外れで人が魔獣に襲われてるのを見た」
って伝えて来て? それで、自分は急いで逃げて来たから、詳しい事は
何も知らない、分からないって。それらしく見せるのは今から私がやるから。


分かった。

あとね、姫様に気に入って欲しかったら、絶対に姫様の目の前で竜の呪いを
持つ人を虐げたり、馬鹿にしたりしないで。そして反対に、姫様や竜の呪いを
受けた人たちを、竜の化身様とか、竜人様とか言って奉ったりもしないで。
本当に普通の人間と同じように接して欲しいの。...出来る?


e0370811_07045145.jpg
では、行ってくるぞいっ!!

おい、良いのか?主の了解も得ないで口約束しちまってさ。
テメェが貰っておいて言うのも何だがよ、魔道具なんてそう易々と他人に
やれる物でも無いんだろ?


さぁ?でも魔道具と言ってもピンからキリまで有るし。しつこかったり、
使えないようなら、そこらの杖に毛が生えた程度の杖を渡して追い払うかも。

ヒデェな。

でも、ちゃんと真面目に働いてくれる人には必ず報いようとする人だよ?
喋り方とか態度がぶっきらぼうなせいで良く誤解されるけど、本当は凄く
義理堅くて優しい人よ、姫様は。


まぁお前さんと姫様がそれで良いんなら、アタシが...えっ!?

e0370811_07343852.jpg
姫様ぁ!? アイツ、いやあの人、じゃない、あの方はお姫様なの!?

そうだよ?と言っても、ここから遠い遠い東の果ての小さな国の、
だけどね。旅に出た最初の頃は、何回も姫様って呼ばないようにって
言われたんだけど、小さい頃からの習慣と、あと私がバカだから?
今はもう諦めたみたい、アハハ。
(...と言うか、今頃そこに驚くんだ、この人)


e0370811_08113396.jpg
─ 姫様はね、きっと世界で二番目に可哀そうな竜呪を持ったお姫様なの。
東の果ての小国で、ずっと一人きりでそんな自分の運命と闘って来たの。

だけどある日、西から来たとある異国の商人の一行から、自分と同じ...
いいえ、自分よりもっともっと過酷な運命を背負って生きている、
ある竜の呪いを背負ったお姫様の話を聞いてしまったの。


e0370811_08240412.jpg
その話を聞いて姫様は言ったわ。「どうやら世界で一番不幸な姫は、自分では
なかったらしい」って。

姫様はずっと、竜の呪いを受けた人たちが差別されたり、逆に普通の人々を
平気で苦しめたりする今の世界をどうにかしたいと思っていたの。
だから、同じように自分の運命と闘っている、もう一人の姫の事を知ってからは、
もう小さな国の中でじっとしては居られなかった。
そのもう一人の姫に会う為に、
姫様は周囲の人に笑われても反対されても、自分を信じて旅に出る事に決めたの。


e0370811_09050788.jpg
...それで、そのもう一人の姫様って奴には会えたのか?

e0370811_09104746.jpg
...会えたわ。でも、一緒に闘う事は出来ないって。
それどころか、もし自分の邪魔をする様なら容赦しないとまで言われたの。


そうかい、そりゃあ...。

悲しいね、世界って。いえ、世界そのものが悲しいんじゃない。
こんなにもたくさんの人が居て、それなのに分かり合ったり許し合ったり
出来ない事が悲しいの。


e0370811_09213423.jpg
世界で一番悲しいお姫様と、世界で二番目に悲しいお姫様が
一緒に手を取り合って頑張ったら、きっときっと、世界は今より良くなる
と思ったのに...


(あれっ、泣いちゃうんだ?)

これじゃあ何もかも投げ出して、苦労して旅をして来た姫様が、
あんまりにも可哀そうだよ...
グスン


e0370811_09284787.jpg
うわあぁぁ~ん‼ 姫さまぁー!

えーっ? ちょ、えぇ~っ!?(どうすんのコレ)
おい、姉ちゃんか姫さん、どっか居ねぇのかよ!?おぉーい!!



── 様々な人々との運命の糸を、紡ぎ、断ち切り、絡ませながら、
2人の竜人のそれぞれの旅路は、この先なおも続いて行く。


[PR]
トラックバックURL : https://ratio27.exblog.jp/tb/25805149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by moriguchi01 | 2017-05-28 07:44 | SS公開 | Trackback | Comments(0)